ご相談当日に買取可能です。福岡県をはじめ九州全域はもちろん全国対応で買取実施中。

ファクタリングでトラブルに発展?!実例に基づいたトラブル回避方法

ファクタリングは資金繰りに悩む中小企業の経営者にとって、非常に便利な資金調達方法です。

売掛債権の買取りになるので債権回収前に資金化でき、キャッシュフローの改善や売掛金債権の回転率を上げることができます。

しかし、いくら便利なファクタリングでもトラブルが全く発生しないわけではありません。

そこで今回は、実例に基づきながらファクタリングのトラブルを回避する方法についてご紹介します。

これからファクタリングの利用をご検討されている事業者様は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

悪質ファクタリング業者から法外な手数料を差し引かれた

基本的にファクタリングを利用する経営者は現金化に困っていたり、資金調達に悩んでいたりする場合が多いです。

ファクタリングを利用するとファクタリング会社は債権買取の際に手数料を差し引くのですが、悪質ファクタリング業者だと法外な手数料を差し引かれてしまう場合があります。

手数料で経費が増えてしまえば会社の資金繰りも悪くなってしまうでしょう。

こうしたトラブルを回避するためには、悪質ファクタリング業者を見抜く力が必要です。

悪徳ファクタリング業者

悪質ファクタリング業者は契約までの流れが非常にスムーズで、書類がほとんど必要でなかったり、悪い部分は言わず良い条件しか言わなかったり、本社が存在しなかったりするなどの特徴を持っている場合があります。

契約前に必ず手数料も確認し、悪質ファクタリング業者かどうか見極めるようにしましょう。

虚偽の申告をすることで審査に時間が掛かってしまう

即日調達も可能で迅速に事業資金を調達できるファクタリングですが、審査は必ず行われます。

審査内容や基準はファクタリング業者によって異なるものの、申告する際に必要な書類や自社に関する申告などを行う点は共通しています。

審査に通過しないと売掛債権(請求書)を買取りしてもらえないため、どうにかして自社の状況をある程度よく見せようと考える経営者の方も多いでしょう。

しかし、申告する際に虚偽の申告をしてしまうと正確な情報かどうか調査に時間が掛かり、審査期間が長くなってしまう恐れがあります。

素早く資金調達したい方にとってはマイナスの行為と言えるでしょう。

こうしたトラブルを回避するには、何と言っても虚偽の申告はせず、正しい情報だけを申告することが大切です。

当たり前ではありますが、資金繰りに困っているとどうにかして審査を通過したいという気持ちが勝ってしまい、嘘をついてしまいがちです。

ファクタリングは信用で成り立っている契約でもあるため、虚偽の申告をしてそれがバレてしまうと余計に審査に通りにくくなってしまうかもしれません。

ファクタリング業者と信頼関係を築くために、ちょっとした嘘もつかないように気を付けましょう。

二重譲渡になって多額の違約金を支払う羽目になった

ファクタリングには大きく2社間契約3社間契約に分けることができます。

3社間契約では自社と売掛先、ファクタリング業者の3社間で契約が行われるのですが、2社間契約の場合は自社とファクタリング業者だけで契約が結ばれます。

この2社間契約の際に気を付けたいトラブルが、二重譲渡です。

例えば、複数のファクタリング業者と交渉を行い、条件の良い業者と契約を締結させてから他の業者から締結させたところよりも好条件を提示され、そちらで契約・債権買取を行ってしまったとします。

最初に契約を結んだ業者とは契約解除を行えば良いという判断から起こり得ることですが、実際には契約解除するために多額の違約金を支払わなくてはなりません。

しかも、正当に債権が譲渡されるのは最初に契約した業者であり、後から契約した業者を選ぶことはできないのです。

場合によっては横領罪や背任罪といった罪に問われてしまう可能性もあるので、二重譲渡にならないように気を付けてください。

二重譲渡を回避するポイントは、やはり二重譲渡について知っておくことが大切です。

また、複数のファクタリング業者を比較して選ぶ時は慎重に1社だけを選び、その後はいくら好条件を提示されても契約しないようにしましょう。

売掛先に知られてしまい、信用を失ってしまった

3社間契約の場合は売掛先とも話し合いながら契約を進めていくため、ファクタリングを行う事実を売掛先も知っている状態ですが、2社間契約だと売掛先はファクタリングの事実を知ることはありません。

そのため、もしも2社間契約でファクタリングを行った後に売掛先に知られてしまうと、信用を失ってしまい、関係悪化につながる可能性があります。

関係が悪化してしまえば今後の取引にも少なからず影響が及んでしまうことでしょう。

業界によってもファクタリングへのイメージが変わってくるため、売掛先とのトラブルを回避するためにも、まずはファクタリング業者に相談してアドバイスを受けましょう。

基本的にファクタリング業者が売掛先に契約内容をバラすことはありません。

ジャパンファクターでは売掛先に通知致しません。

まとめ

今回はファクタリングのトラブルを回避する方法についてご紹介しました。

ファクタリングには様々なトラブルがありますが、業者の見極めや契約時の行動などから回避することは可能です。

今後ファクタリングを検討されている方は、今回ご紹介したトラブルの内容や回避方法を参考にして頂きたいと思います。

ジャパンファクターでは、経営者様のご相談を親身に受け止め迅速なご対応をさせて頂きます。

ファクタリングをご検討中の事業者様からのご相談を心よりお待ちしております。

目次
閉じる