ご相談当日に買取可能です。福岡県をはじめ九州全域はもちろん全国対応で買取実施中。

ファクタリングで資金調達するには?契約の流れをチェック!

近年、融資・ビジネスローンに代わり事業資金を調達するための方法として、ファクタリングが活用されています。

ファクタリングは即日調達も可能なので、すぐにでも事業資金を調達したい中小企業の経営者にとっては非常に便利な仕組みです。

ただし、ある程度契約の流れや必要な書類を抑えておかなくては、即日調達も難しくなってしまいます。

そこで今回は、一般的なファクタリング契約の流れや必要な書類をご紹介していきます。

目次

ファクタリング契約の流れ

ファクタリングで資金調達に至るまでの流れは、2社間と3社間で異なります。

まずは共通する部分からご紹介していきましょう。

1.ファクタリング業者へ相談

まずはファクタリング業者へ相談しましょう。

正式に申し込む前に相談することもでき、優良かどうかを見極めてから申し込みできます。

1社だけでなく、複数の業者に相談してみると比較しやすいのでおすすめです。

2.申し込み

自社の状況に合ったファクタリング業者が決まったら正式に申し込みましょう。

申し込むには来店や郵送などの方法もありますが、ネットからの申し込みだと時間を気にせずに申し込めるので便利です。

悪質ファクタリング業者だと申し込みを急かしてくる可能性が高いので注意してください。

3.審査

正式に申し込んだら審査に移ります。

ファクタリング業者によって異なりますが、審査は必要書類の内容だけでなくヒアリングが行われることもあるので事業内容や、なぜファクタリングが必要なのか、売掛先の状況なども把握しておくと良いでしょう。

特に、自社のキャッシュフローがどうなっているのかは必ず確認しておいてください。

4.契約

審査に通ればファクタリング契約手続きの締結に入り、契約完了となれば資金調達が可能となります。

契約の際には、電子契約・郵送・対面の三つが基本的な契約の形になります。

時間がない方などは電子契約を取り入れているファクタリング業者がおすすめです。

ジャパンファクターでは電子契約を取り入れており対面不要で契約が可能になります。

2社間と3社間で契約の流れに違いはある?

ファクタリングには2社間で行う契約と3社間で行う契約があります。

2社間ファクタリングは主に上記の流れに沿って契約が進められますが、3社間ファクタリングでは売掛先に債権譲渡に関する承諾を得なくてはなりません。

契約の承諾を得るためにも、ファクタリング業者へ申し込む前に、売掛先へファクタリングを利用しても良いか相談しておきましょう。

契約に必要な書類を準備しよう

ファクタリング契約を進めていく上で必要になってくる書類があります。

どのような書類が必要なのか、詳しく解説していきましょう。

決算書(確定申告書)

決算書もしくは確定申告書は会社の業績を知る上で欠かせない書類です。

ファクタリングの審査を行う際には決算書を準備しましょう。

基本的には直近1年分があれば問題ありません。

しかし設立から1年未満だったり、決算内容が悪かったりしても、売掛先の信用度が重要視されるため赤字決算でも関係なくファクタリングを利用することが可能です。

登記簿謄本・印鑑証明書

契約時、署名押印のためにサインや印鑑が使われますが、それを証明するために登記簿謄本や印鑑証明書が必要になります。

現在はオンラインから交付請求を行い、郵送もしくは法務局で受け取れるようになっているので、即日用意することが可能です。

取引先との基本契約書

取引先との基本契約書は、ファクタリング業者が売掛金の回収状況をチェックする時に必要です。

もしも基本契約書がない場合でもファクタリング契約が可能となるケースもあるので、事前に相談してみてください。

その他売掛金に関する契約書・納品書・請求書など

基本契約書の他にも、売掛金に関する商品・サービスの契約書や納品書、請求書などがあればそちらも準備しておきましょう。

債権額はどれくらいか、入金日はいつかを確認していきます。

入金や取引したことが分かる口座通帳

ファクタリング業者は債権買取を行いますが、この時きちんと債権が入金されているかどうか確認できないと問題になってしまいます。

そのため、過去の支払い状況がどうなっているのかもチェックしていきます。

通帳からは支払い能力があるのか、経営はある程度安定しているのかなども見えてくるため、必ず用意しておきましょう。

場合によっては売掛先との取引に使った口座だけでなく、メインバンクの通帳をコピーして提出しなくてはならない場合もあります。

必要書類を準備しておくと契約までの流れがスムーズに!

必要書類は取得するまでに少し時間が掛かってしまう場合もあります。

例えば、商業登記簿謄本は郵送で交付してもらう場合、手元に届くまでに時間がかかってしまいます。

売掛先との契約書もあらかじめ準備しておくと、審査に入るまでがスムーズになるでしょう。

できるだけ申し込みから素早く融資を受けたい場合は、必要書類をある程度準備してください。

今回はファクタリング契約を行う際の流れと必要書類についてご紹介してきました。

ファクタリング契約の流れと必要書類を把握しておくことで、資金調達までがスムーズになります。

近年は介護報酬や調剤報酬、診療報酬のファクタリングも増えてきていますが、債権を買い取ってもらう仕組みや基本的な流れに関しては一般的なものとそれほど大きな違いはありません。

ぜひ今回ご紹介した内容を参考に、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか?

弊社ジャパンファクターでは、ビジネスローン・事業者ローン・日本政策金融公庫の審査に落ちた場合でも問題なくファクタリングを利用することが可能です。

また初めてファクタリングを利用される経営者に、少しでも疑問や不安が解消されるよう親身になりご対応させて頂きます。

目次
閉じる